ドミンゴ・ザパタ

 

ドミンゴ・サパタ(1974年生まれ)は、スペインのパルマ・デ・マヨルカ生まれのスペイン系アメリカ人アーティストである。2002年にアーティストとして活動を開始。ニューヨーク、マイアミのデザイン・ディストリクト、ハリウッドを拠点に活動。これらのプライベートアトリエで、彼は新表現主義の絵画と彫刻を制作している。油彩とアクリルを使い、しばしばミクストメディア、コラージュ、グラフィティを取り入れた作品を制作している。

 

サパタは、1993年から1997年にかけてロンドンのリージェンツ・カレッジで修行を始め、その後ワシントンDCに移り、アメリカン大学で現代美術、特にアクリル画とパステル画を専門に勉強を続けた。

 

2002年、サパタはウォール街で金融関係の仕事をしていたが、趣味である絵画を追求し始めた。その頃、彼が描いたポロ馬の絵が、建設業者のマイケル・ボリコの目に留まった。2004年、ボリコは自宅でサパタの絵画を集めた個展を開き、実業家ジョージ・ソロスも出席して、2005年にサパタの「青い馬」を購入した。彼の作品は、ゴールドマン・サックス、レオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップによって収集されている。

 

サパタは20年以上にわたって、モチーフは大きく異なるものの、一貫してセクシュアリティ、豊かさ、生命力をテーマにした作品を制作し、その特徴的なスタイルで作品を発表してきた。サパタは、幻想と現実を重ね合わせ、見る者を強烈で宇宙的な美しさを持つ世界へと誘う独特の手腕を持つ。代表作の「Polo」シリーズで知られるサパタは、批評家たちから高い評価を得ているが、最近では、生まれ育ったスペインの文化、アメリカのポップアイコン、そして現代美術のあり方といったテーマに焦点を当てた作品を発表している。

 

2011年には、サパタが撮影したリンジー・ローハンのポラロイドにペイントを施した作品が、イギリスのコレクターに10万ドルで落札された。この作品は、キム・カーダシアン、ソフィア・ベルガラ、ミシェル・ロドリゲスもモデルを務めた彼のシリーズ「Ten」の一部である。2014年には、マンハッタンのワンワールドトレードセンターのロビーに飾る25×10フィートのアメリカ国旗の制作を依頼された。また、彼の作品の一つである全長5フィートのスチール製サメは、ニューヨークの国連本部のロビーに飾られている。

 

最近では、世界で最も有名な絵画である「モナリザ」を題材にしている。ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」をモチーフにしたサパタの一連の絵画は、大胆な色彩、ミクストメディア、そして旺盛な精神で過去と現在を融合し、世界中のコレクターを魅了している。2021年にセントバーツで開催されたユニセフの年次チャリティーオークションで、サパタの絵画「モナリザ・ブルファイター」が100万米ドル以上の価格で落札された。サパタの作品を多数所有するレオナルド・ディカプリオが入札し、最終的には匿名のアメリカ人コレクターに落札された。

 

今年3月、ドミンゴが過去10年間に制作した26点のモナリザのコレクションが、ピカソ、ダリ、バスキア、ウォーホル、福田によるモナリザの模写とともに、ルーヴル美術館とグラン・パレが制作した没入型展覧会で展示された。この展覧会は、今後5年間、世界各地で開催される予定である。

 

サパタは、バチカン市国でローマ法王と共同で制作した2枚の絵画、パルマの大聖堂にアントニ・ガウディ以来のアーティストとして常設展示したこと、ニューヨークのワン・タイムズスクエアビルに史上最大の壁画を描いたことなどで、世界的に知られている。また、小説の執筆、ニューヨーク・ファッション・ウィークでの数々のファッションショーへの協力、アート・バーゼル・マイアミ・ビーチやベニス・ビエンナーレなどのフェアでの年間展示も行っている。

 

2015年には、アパレル会社のAlice + Oliviaとライセンス契約を結び、フットウェアブランドのSupergaともコラボレーションを行った。サパタが手がけたSupergaのシューズコレクションでは、彼のオリジナルアート作品をベースにした11のスタイルが展開された。

 

最近では、モンテカルロのSociété Genérale Banque Privée(2010年)、ニューヨークのWhitewall Magazine Studio(2011年)、ロサンゼルスのValley Performing Arts Center(2011年)で展覧会を開催した。Valley Performing Arts Center(ロサンゼルス)(2012)、Bowery Hotel(ニューヨーク)(2012)、Palazzo da Mula(ベニス)(2012)、376 West Broadway gallery(ニューヨーク)(2013)、またアートバーゼル・マイアミ(2010、2011、2012)、ベニスビエンナーレ(2011、2013)にも参加している。

 

2022年3月、サパタは、ピカソ、ダリ、バスキア、ウォーホル、福田とともに、ルーヴル美術館とグラン・パレ・イマーシフのキュレーターによって、フランス・マルセイユのパラシオ・デ・ラ・ボルサでの新しい没入型展覧会に出展する作家の一人に選出された。Joconde: Exposition Immersiveは、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「モナリザ」を探求している。

サパタは最近、ニューヨークのコーエン小児医療センターのために45フィートの壁画を完成させた。高さ450メートル、4500平方フィートという、これまで描かれた小児病院の壁画の中で最大のものとなった。

Domingo Zapata

Domingo Zapata (b. 1974) is a Spanish-American artist born in Palma de Mallorca, Spain. He became a full-time artist in 2002. Throughout his career Zapata has worked between New York City, the Design District in Miami, and Hollywood. In these private ateliers he produces Neo-Expressionist paintings as well as sculpture. He paints in both oil and acrylic, often incorporating mixed-media, collage and graffiti.

Zapata began his training in London, at Regent's College, between 1993 and 1997, and later moved to Washington DC, where he continued his studies at the American University, specializing in the study of contemporary art, specifically acrylic painting. and the pastel drawing.

In 2002, while Zapata was working on Wall Street in finance, he began pursuing his hobby of painting. It was at this time one of his paintings of polo horses attracted the attention of contractor Michael Borrico. In 2004, Borrico hosted a private art show at his home that contained some of Zapata's paintings. Businessman George Soros attended that event and later purchased Zapata's Blue Horse in 2005. His work has been collected by Goldman Sachs, Leonardo DiCaprio, and Johnny Depp.

For over 20 years Zapata has built a body of work which varies significantly in motif, though consistently explores themes of sexuality, opulence, and vitality in his signature style. In this distinctive hand, Zapata layers fantasy and reality, luring the viewer into his potent, cosmically beautiful world. Known for his signature “Polo” series, which first gained him critical acclaim, more recent work focuses on themes including his native Spanish culture, American Pop icons, and the state of contemporary practice.

In 2011, Polaroids of Lindsay Lohan that Zapata took and then painted over them, were sold to a British collector for $100,000 USD. This work is a part of his series Ten, for which Kim Kardashian, Sofia Vergara, and Michelle Rodriguez have also modeled. In 2014, he was commissioned to create a 25-by-10-foot American flag for the lobby of One World Trade Center in Manhattan. Another one of his artworks, his five-foot-long steel shark, is featured in the lobby of the United Nations headquarters in New York City.

Most recently, Zapata’s subject has been the most famous painting in the world - the Mona Lisa. Zapata’s series of paintings incorporating da Vinci’s Mona Lisa combine past and present with bold colors, mixed media, and an ebullient spirit that have captivated collectors worldwide. At UNICEF’s annual charity auction in St. Barths in 2021, Zapata’s painting Mona Lisa Bull Fighter sold for more than $1 million USD. It was sold to an unnamed American collector after being bid on by Leonardo DiCaprio, who owns a number of Zapata’s works.

In March of this year, Domingo’s collection of 26 Mona Lisa paintings, created over the last decade, were exhibited alongside Mona Lisa renditions by Picasso, Dali, Basquiat, Warhol, and Fukuda, in an immersive exhibition created by The Louvre Museum and Grand Palais. The exhibition will be touring the world for the next five years.

Zapata is known worldwide for, among other things, his two paintings created in collaboration with the Pope at the Vatican; being the first artist since Antoni Gaudi to have a permanent art installation in the Cathedral of Palma; painting the largest mural ever in New York, which hung from the One Times Square Building; having his video of painting with the Pope played on screens over the famous Times Square New Year’s Eve ball drop, where it was viewed by over 110 million people worldwide; as well as authoring a novel, collaborating on numerous fashion shows during New York Fashion Week, and exhibiting annual at Art Basel Miami Beach and other fairs such as the Venice Biennale.

In 2015, he entered into a licensing agreement with clothing company Alice + Olivia, and collaborated with the footwear brand Superga. Zapata's Superga shoe collection featured 11 styles based on his original artworks.

Throughout his career he has held exhibitions of his work in prominent galleries in America and Europe, among the most recent being those held at the Société Genérale Banque Privée de Monte Carlo (2010), the Whitewall Magazine Studio in New York (2011) , the Valley Performing Arts Center in Los Angeles (2012), the Bowery Hotel in New York (2012), the Palazzo da Mula in Venice (2012) and the 376 West Broadway gallery in New York (2013), as well as his participation in Art Basel Miami (2010, 2011, 2012) and at the Venice Biennale (2011 and 2013).

 

In March 2022, Zapata was chosen by Louvre Museum and Grand Palais Immersif curators as one of the artists, along with Picasso, Dali, Basquiat, Warhol, and Fukuda, to be exhibited at a new immersive exhibition in the Palacio de la Bolsa in Marseille, France. Joconde: Exposition Immersive explores Leonardo da Vinci’s painting Mona Lisa.

Zapata has recently completed a 45 foot mural for the Cohen Children's Medical Center in New York City. The largest mural at a Children’s Hospital ever painted, at 450 meters high and 4500 square feet.